ONE ROOM

 

lyrics search

電車の窓から

作詞:清水依与吏

作曲:清水依与吏

生まれて育った街の景色を 窓の外に映しながら
銀色の電車は通り過ぎてく 僕を乗せて通り過ぎてゆく

なんにも知らずにただ笑ってた あの頃には戻れないけど
もらった言葉と知恵を繋いで 今日もちゃんと笑えてるはず

電車の窓に見えたのは あの日の僕と変わらない街
なぜだろう切なくなるのは なぜだろう涙が出るのは
あの日に電車を見ながら 憧れ夢に見てたような
場所までもうすぐなのに なぜだろう涙が出るのは

すべてを投げ出す勇気もないのに ただ愚痴をこぼしてた
あの頃から欲しくて欲しくて やっと手にした切符だって
何の迷いも 僕にはないはずなのに

電車の窓に見えたのは あの日の僕と変わらない街
なぜだろう切なくなるのは なぜだろう涙が出るのは
あの日に電車を見ながら 憧れ夢に見てたような
場所までもうすぐなのに なぜだろう涙が出るのは
なぜだろう 涙が出るのは なぜだろう


page top